今すぐお金借りる方法

今すぐお金借りる方法ですが、結論から言うと「大手の消費者金融からキャッシングする」という方法が最も早くお金を借りられる方法になります。※詳しい理由は後述

では「今すぐお金借りることが可能な大手消費者金融」とは具体的にどこでしょうか?

今すぐお金を借りるならアコムかプロミス

実績、安心感、信頼性の高さ、という点でもおすすめでき、なおかつ即日融資が可能な大手消費者金融がアコムとプロミスです。

アコム プロミス
プロミス
アコムは最短30分のスピード審査で即日融資が可能!年中無休24時間お申込みができる便利なカードローンです。利用者数NO.1の大手消費者金融だから安心感が違います。
【アコムのテキストリンク】
プロミスはSMBCグループの子会社なので信頼性も抜群。審査時間は最短30分、融資まで最短1時間というスピード融資を誇る人気の大手消費者金融です。
【プロミスのテキストリンク】

消費者金融が今すぐお金借りる方法でおすすめの理由

理由は、銀行のような機関とは違って消費者金融のキャッシングは審査が非常に早く、即日融資も可能という特徴があるからです。

そんな消費者金融の中でも大手であるプロミスやアコムは、申し込みから審査完了まで最短30分、融資完了まで最短1時間を可能にしています。迅速な即日融資を最も期待できるお金の借り先なのです。

できるだけ早くお金を借りたい!早急に借入したい!という方に最適なカードローンであり、今すぐお金借りる方法として最もおすすめです。

今すぐお金借りる!ユーザーおすすめランキング

プロミス
プロミス

プロミスは審査時間は最短30分、融資まで最短1時間というスピード融資が可能なカードローンです。スムーズな審査で、今すぐお金を借りたい方にも多く申込みされています。

 
評価 ★★★★★
審査時間 最短30分
最短融資 最短1時間
限度額 500万円
実質年利 4.5%~17.8%

プロミスは他の大手消費者金融と比較し低金利のカードローンです。他にも、はじめてなら30日間無利息、女性専用窓口有り、担保、保証人不要といった魅力的な特徴も。学生、主婦でもアルバイトやパートで安定収入があれば申込み可能です。審査と融資までの時間も業界トップクラスのスピードです。

詳細ページ公式ページ

アコム
アコムは申し込みから審査完了まで最短30分、借入完了までに最短60分というスピーディーなカードローンです。大手の三菱UFJフィナンシャルグループなので、はじめてお金を借りるという方でも安心して利用できます。
 
評価
審査時間 最短30分
最短融資 最短1時間
限度額 800万円
実質年利 3.0%~18.0%

詳細ページ公式ページ

SMBCモビット
300x250 オリコンバナー
SMBCモビットもプロミス同様に三井住友銀行グループです。身内や会社にお金を借りたことがバレにくい特徴があるカードローンです。WEB完結手続きで電話連絡や郵送物が一切ないので、バレるリスク減を可能にしています。
 
評価
審査時間 10秒簡易審査
最短融資 最短即日
限度額 800万円
実質年利 3.0%~18.0%

詳細ページ公式ページ

銀行でお金借りる方法

お金を貸すことが業務の一環である銀行でも、もちろんお金を借りることができます。ですが、今すぐ借りることができるかというと、結論としては「かなりむずかしい」です。

銀行は審査時に必要な書類が多く、担保重視のため審査も厳しいので、消費者金融と比較して審査に時間がかかります。

また銀行カードローンの利用条件も年々厳しくなっており、職業、年収、年齢、住所などの個人情報を事細かに聞かれることがほとんどで、これも時間がかかる要因の一つです。

銀行融資はトラブルの少ないお金を借りる方法のひとつではありますが、上記のような理由から「今すぐお金を借りる方法」としてはおすすめはできません。

銀行は比較的に低金利であるというメリットがあるので、住宅ローンやマイカーローン、事業融資などといった多額の融資を必要とする場合は、お金を借りる方法としておすすめできます。

銀行でお金を借りる方法については、こちらのページに詳しくまとめましたのでご覧ください。

【銀行でお金借りる方法 内部リンク】

無職のお金借りる方法

年金収入のみの方、失業中の方、無収入の学生、といった方に「無職でもお金を借りる方法ってありますか?」という質問を受けることがあります。

結論から言いますと「無職で収入がない方は一部のカードローン会社を除いてカードローンでの借入はできません。ですが他に無職でもお金を借りる方法はあります」ということになります。※年金生活者の方も断られる場合が多いです

無職でもお金を借りる方法については、その人のおかれている状態によってケースバイケースですので、詳細については別ページにて掘り下げて解説いたします。

【無職でお金借りる方法 内部リンク】

失業者、年金受給者、転職活動中の方、生活保護受給者、バイトをしていない学生、等に該当される方で無職の方・全く収入がない方は、ぜひ上記のページをご覧ください。

未成年のお金借りる方法

結論からお答えすると、未成年者(~16歳、17歳、18歳、19歳)は大手消費者金融や大手銀行からお金を借りることは基本的にできません。

消費者金融・銀行のカードローンの審査申込条件には、「満20歳以上」と明記してあるところがほとんどですので、この条件を満たしていない未成年者が審査に通ることは無いのです。

未成年の方がお金を借りる方法としては、以下の選択肢になります。※条件あり

  • 学生専門ローンを扱っている中小消費者金融でお金を借りる
  • 18歳未満でも申込みができるクレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる
  • 未成年でも申し込みができるカードローンでお金を借りる
  • 家族、親戚、友人、知人にお金を貸してもらう

未成年のお金を借りる方法についてはこちらのページで詳しく解説します。

【未成年のお金借りる方法 内部リンク】

学生のお金借りる方法

学生にはお金を借りることができる学生と、借りることができない学生がいます。

20歳以上でアルバイトで定期的な収入がある学生であればお金を借りることができます。

未成年の学生の場合はカードローンを利用してお金を借りることは基本的にできません。 

18歳、19歳の学生の場合は、未成年でも作れるクレジットカードのキャッシング枠を利用しお金を借りるという方法もあります。

学生が利用できるカードローンには、学生専用カードローン、消費者金融のカードローン、銀行カードローンがあり、利用限度額や金利についても借り先によって異なります。

学生のカードローン審査に関しても心得ておきたいポイントが複数あります。

上記のように学生がお金を借りる方法については様々な要素がありますので、詳細に関して別ページで解説いたします。

【学生のお金借りる方法 内部リンク】

主婦のお金借りる方法

専業主婦の方で、
「自分が働いていないと消費者金融や銀行からお金を借りられない」
「自分に収入がないのにカードローンでお金を借りることを夫に相談しにくい」
そう思われている方は非常に多いです。

ご安心ください。そんな無収入の主婦の方でもお金を借りる方法はあります。

配偶者貸付制度のあるカードローンや、総量規制対象外のカードローンを利用することで、全く収入のない主婦でもお金を借りることができるのです。

また旦那さんにバレずにお金を借りる方法もあります。
旦那バレを気にしてお金を借りることを躊躇されていた主婦の方も少なくないと思いますが、要点をおさえれば本当にバレずにお金を借りられます。

専業主婦、働いていない主婦、収入がない主婦、旦那にバレずにお金を借りたい主婦、そんな主婦の方におすすめのお金を借りる方法を、こちらのページに詳しくまとめました。

【主婦のお金借りる方法 内部リンク】

派遣社員のお金借りる方法

派遣社員や契約社員でもお金を借りる方法はあります。

  • 銀行カードローン
  • 消費者金融カードローン

具体的には上記を利用することでお金を借りることができるのですが、注意すべきなのは審査に通るかどうかです。

審査項目のひとつである、安定した収入があるか?という点ですが、契約社員や派遣社員でも継続して一定の収入がある方は、その点についてはクリアしているので問題ありません。

しかし、申し込みに記載する勤務先への在籍確認については、その派遣会社の派遣スタッフ情報の守秘などによってスムーズにいかない場合があります。

その他にも審査時にチェックしていることとして、自己破産や任意整理・債務整理・延滞などの履歴、申込み者の属性情報(他社からの借入、勤務先継続年数、居住環境、居住年数、加入保険の種類)などがあります。

上記を踏まえ、派遣社員や契約社員のカードローン利用条件や審査ポイント、在籍確認の際の注意点について、こちらのページに詳しくまとめました。

【派遣社員・契約社員のお金借りる方法 内部リンク】

パート・アルバイトのお金借りる方法

アルバイトの方、パートタイマーの方、フリーターの方、いずれの方も安定した収入があれば金融会社からお金を借りることができます。借りる方法としては以下がおすすめです。

  • 銀行のカードローン
  • 消費者金融のカードローン

雇用形態を心配される方もいらっしゃいますが、上記で受ける審査において重要なのは、毎月安定した収入があるか?きちんとした返済能力があるのか?ということなので、それさえクリアしていればアルバイト、パート、フリーターでもお金を借りることは可能です。

ただし収入と希望限度額のバランスがあり、総量規制というルールにより借りられる金額は年収の1/3まで、パートやアルバイトの方は上限まで借入枠を作れない場合もあります。

他にも、アルバイト先やパート先への在籍確認や、短期バイト・単発バイト・日雇いバイトの審査に与える影響、審査基準の緩い借り先・厳しい借り先など、パート・アルバイトの方がお金を借りる際のポイントは様々あります。

これらのパート・アルバイトの方の詳しいお金の借り方、お金を借りる上で知っておきたいポイントについてはこちらのページにまとめています。

【パート・アルバイトのお金借りる方法 内部リンク】

個人事業主のお金借りる方法

個人事業主のお金借りる方法を当サイトで調べたところ全部で9つ見つかりました。
まずは以下の7つの方法ですが、後述の借りるデメリットとあわせてご確認ください。

  • 日本政策金融公庫からの借入
  • 信用金庫、信用組合からの借入
  • 信用保証協会の保証付融資
  • 補助金、助成金
  • ファクタリング
  • クラウドファンディング
  • 家族、親戚、友人、知人、投資家から借りる

上記の方法は確かに借りられる可能性がある方法ではありますが、以下のようなデメリットもあるため全ての個人事業主の方におすすめはできません。

融資まで時間がかかる、審査に時間がかかる、審査が厳しい、提出書類が多い、自己資金が必要、連帯保証人や担保が必要、信用保証料が発生する、いくら借りられるかわからない、資金が集まらない場合がある、人間関係の信頼性が必要、返済できない場合の人間関係の崩壊・・など

上記のデメリットが無い借り方で、審査が通りやすい、即日融資が可能ですぐ借りられる、そういったメリットを持つ方法が以下の2つになります。

  • ビジネスローン
  • 個人向けのカードローン

具体的に上記には自営者カードローンやフリーキャッシングといったものもあり、急いでいる個人事業主の方に特におすすめです。

上記2つの借り方と、最初にご紹介した7つの借り方とを合わせまして、個人事業主のお金を借りる方法については別ページにまとめましたので、詳細はこちらをご覧ください。

【個人事業主のお金借りる方法 内部リンク